むかしむかしのクリスマス

小学生の女の子。。
毎年クリスマスが来るのを楽しみにしていました。

「今年こそは、欲しかったおもちゃを絶対にもらう!」
と意気込み、クリスマスまでサンタさんに必死のお願いをしてみました。

「これだけ頼んだら、きっとお願いしたおもちゃが来るはず!!」
と、楽しみにクリスマスの朝を迎えたのでした。。

朝起きて、枕物と見ると、サンタさんからのプレゼントがありました。
しかし、何だか薄い、、、
大きいはずのおもちゃが、薄っぺたい、、、
一応開けてみた・・・
やっぱり違う・・・何だこれは??
お手紙入れる「状差し」、、、頼んでないし使わないし。。。

女の子は泣きながら考えた・・・「きっと、たくさん配るから間違えたんだ!」
これは大変!!誰かの所に自分のプレゼントが!

サンタへお願はした事があっても、返品交換はしてもらった事がない、、、
どうしたものか??
空から見える所に手紙を貼り、「状差し」を置き・・・
何日も何日も待ち続けました。
「サンタさんお休みになっちゃったのかな、、、もしかしたら他にも間違った所があるのかな、、、」
しつこい女の子は、来ないかもしれないサンタを、それでもしぶとく待ち続けました。

ある日の事、その手紙がやっとサンタの目に止まり、クリスマスからはだいぶ経ってしまったけど、やっと返品交換してもらえたのでした。

それから数十年後・・・
サンタの手先となり、小僧共にプレゼントを配る立場となりました。。。
しかしながら、「欲しいプレゼント」はあげない「サンタの助手」です。。。

一年に一度のクリスマス。。。
心に残る思い出が、今年もみんなに訪れますように。。。

MerryChristmas
[PR]
トラックバックURL : http://reikok.exblog.jp/tb/19719612
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by reiko_koyama | 2012-12-24 19:42 | 日記 | Trackback | Comments(0)